日本DNA多型学会 第27回学術集会

公開シンポジウム

DNA多型学会第27回学術集会・公開シンポジウム
島根には本物がある〜島根のDNA多型〜

開催趣旨

日本国の始まり、日本人のルーツとされる出雲。日本創生の神話の大半が出雲やその周辺の話になることから、影響力は絶大であったとの見解が主流である。碧い海と山々を望み、四季が織りなす自然に育まれ、悠久の歴史と伝統が今に息づく島根には、自然、人、もの…、誇りうる“本物”が溢れている。本シンポジウムでは、DNAからみた出雲人の起源、島根県の特産品(漁獲量日本一のヤマトシジミ)の分子分類、および古代稲の遺伝解析関する研究成果を紹介する。

開催日時

平成30年12月5日(水)13:00-17:00

開催会場

松江イングリッシュガーデン

シンポジスト

斎藤 成也 先生(国立遺伝学研究所 集団遺伝研究部門 教授)
荒西 太士 先生(島根大学 生物資源科学部 教授)
花森 功仁子 先生(株式会社ジェネテック・東海大学海洋学部・講師)


随時情報を更新いたします。

C)日本DNA多型学会 2018