一般社団法人日本DNA多型学会

一般社団法人
日本DNA多型学会旅費規程

第1条 (目 的)

本規程は、一般社団法人日本DNA多型学会役員・委員及び理事長が認めた者(以下「役員等」という)が会務のため出張する場合に支給する旅費について定める。

第2条  (旅費の定義)

本規程でいう旅費とは、以下の各号とする。

(1)交通費
(2)宿泊費
(3)日当

第3条 (旅費の支給対象)

旅費の支給対象は、以下の各号とする。

●学会理事会。ただし、支給対象者が本会会員の場合、学術総会開催時の理事会に関しては支給しない。また、法医学会総会時に開かれる理事会においては、法医学および法歯学の役員等は支給対象外とする。

●各委員会活動。ただし,理事会の承認を必要とする。

●その他、学会が必要と認めたもの。

第4条 (交通費の算定・請求)

交通費は、次の各号に掲げる方法で算定し、別に定める旅費請求書を事務局に提出するものとする。

●鉄道利用の場合は、役員等の主たる勤務機関又は住居の所在地の最寄り駅から会務を行う場所の最寄り駅までの往復普通運賃、特別急行料金(新幹線を含む。グリーン席を除く指定席料金までを含む。)を合算したものとする。ただし、100km以内の特別急行料金は認めない。
●航空機利用の場合は、前号に準じ、普通席の往復または片道航空運賃ならびに空港までの往復交通費実費を合算したものとする。
●タクシー代は請求対象外とする。また、自家用車の使用によるガソリン代、および高速代も請求対象外とする。
●ただし、勤務上の必要又は天災その他のやむを得ない事由により、経路または方法を変更せざるを得ない場合には、実際の経路および方法により支給する。

第5条 (宿泊費支給の基準)

宿泊費は、原則として支給しない。ただし,理事長が必要と認めた場合はこの限りではない。支払う場合は,1泊10,000円を上限として、実費を支払う。その際、支給にあたっては領収証の提出を求める。

第6条 (日当支給の基準)

日当は支給しない。

第7条 (パック料金の取り扱い)

交通費と宿泊費が一体になったチケット等を利用する場合は、当該料金を支給額とする。その際、領収証、および内訳のわかる旅行日程表等の提出を求める。

第8条 (旅費の不支給について)

別に旅費支給を受ける場合は、重複する経費を支給しない。

第9条 (例外の取り扱い)

第1条~第8条に定めていない事項が生じた場合は、庶務担当理事ができるだけ経済的な方法による旅費を算出する。

第10条 (規程の改廃)

本規程を改廃する場合は、理事会の承認を得て行うものとする。

(附則)

この規則は、2018(平成30)年6月9日から施行する。

学術集会のご案内

第27回学術集会
会期
2018年
 12月5日(水)
 12月6日(木)
 12月7日(金)
会場
松江イングリッシュ
ガーデン
公開シンポジウム
2018年
 12月5日(水)
ページの先頭に戻る