一般社団法人日本DNA多型学会

日本DNA多型学会について

日本DNA多型学会のあらまし

  日本DNA多型学会は1991年10月に発足した「DNA多型研究会」にルーツがあります。
1980年代後半に始まったわが国の法医鑑識領域におけるDNA鑑定の黎明期が終わり、 実務応用が本格化し始めた頃に、当時の筑波大学三澤章吾教授らのご尽力によって発足しました。 この頃はDNA多型を人の個人識別や血縁鑑定に応用する法医学者や法科学者が多くを占めていましたが、 ヒト以外の動物や植物の集団調査や品種識別などへの研究の発展にも寄与することを目的に、 より幅広い研究分野から多くの研究者がその後参加するようになりました。 毎年秋には全国学術集会を開催し、1995年1月からは現在の「日本DNA多型学会」として活動を始めました。 学会発足当時は動物、植物、水産分野などにおけるDNA多型研究の多くはヒトを対象とした分析技術などを参考に進められていましたが、 最近ではこれらの分野も大きく発展し、学術集会では一般演題の半分以上を占めています。 このように当学会は非常に幅広い分野の研究者がDNA多型研究を共通のテーマとして集う貴重な情報交流の場となっています。

日本DNA多型学会へのご支援をお願いいたします

  日本DNA多型学会は、2016年10月に一般社団法人「日本DNA多型学会」として組織を新たにし、益々活動の幅を広げて参ります。
引き続き皆さまのご理解とご支援をお願い申し上げる次第です。

一般社団法人 日本DNA多型学会理事長
玉木 敬二

学術集会のご案内

第26回学術集会
会期
2017年
11月29日(水)
11月30日(木)
12月1日(金)
会場
きゅりあん
(品川区総合区民会館)
ページの先頭に戻る